只今、メンテナンスを行っており、新規会員登録およびログインいただくことができません。
お客様にはご不便をお掛けしますことをお詫び申し上げます。

LOGIN

tag

椎名誠のでっかい旅ノート05:
“地球の裂け目と青い温泉・グリョウタギャウ”

ミーヴァトン湖畔から足をのばし、火と氷の国・アイスランドを代表する溶岩台地へと向かいます。
私達が訪れたのは「ディムボルギル」という溶岩台地に現れた奇石郡。ディムボルギルとはアイスランド語で、「黒い城」という意味を持ち、真っ黒な熔岩石が立ち並ぶ景勝地のひとつです。

瀬戸内の食と絶景を堪能する『とびしま海道』サイクリング

梅雨の晴れ間には、ちょっと脚を伸ばしてサイクリングはいかが!?海の上を飛び越えるような、そんなとっておきコースをご紹介します!

椎名誠のでっかい旅ノート04:
“火山の国の地熱利用・クラプラエリア”

ミーヴァトン。
湖周辺は溶岩台地が拡がり、地熱や火山、雪山、牧場など変化に富んだエリアで、アイスランド北部地方の観光地となっています。

椎名誠のでっかい旅ノート03:
“氷の湖と神々の滝・ミーヴァトン”

鉄道のないアイスランドでは、陸路は車移動が基本。今回の旅も長距離移動が続きました。レイキャビクからスタートし、アークレイリを経由し、ミーヴァトンまでの全478kmの走行は約7時間の長旅です。

椎名誠のでっかい旅ノート02:コラム
“アイスランドの首都・レイキャビク”

私達が訪れたアイスランドの首都・レイキャビクは、本島の南西に位置する港町。レイキャビク港を中心にカラフルな家が立ち並ぶ可愛い町です。その印象から別名「おもちゃ箱を広げたような町」とも呼ばれているそう。

SUBARUで愉しむお客様の趣味や好奇心を応援する情報をご紹介