• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

今すぐ自転車仲間に自慢したくなる!編集部が選んだ5つのロードバイクの空気入れトリビア

今すぐ自転車仲間に自慢したくなる!編集部が選んだ5つのロードバイクの空気入れトリビア

……でもまずはトリビアの前に、自転車のバルブについておさらいしましょう。自転車の(正確にはタイヤやチューブの)バルブは大きく分けて3種類あります。画像左からイギリスバルブ(英式バルブ)、アメリカンバルブ(米式バルブ)、フレンチバルブ(仏式バルブ)です。

▲イギリスバルブは主に一般車、ママチャリに多く採用されます。アメリカンバルブはマウンテンバイクやオートバイ。そしてその他多くのロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクに採用されるのがフレンチバルブです。3つのなかで一番システムが単純で軽いため、軽量なバイクに最適なのです。今回はこのフレンチバルブにまつわるトリビアを中心に紹介します。

▲フレンチバルブの中には「バルブコア」と呼ばれるパーツが入っていて、この部分で空気の出し入れが行えます。初めてロードバイクを買ったときに店員さんから教わった人も多いのでは? ……でもこのパーツ、本当は「バルブコア」なんて名前じゃないんです!


1. フレンチバルブの中に『バルブコア』という名称のパーツは……ない

 

▲フレンチバルブ内に「バルブコア」という名称のパーツはありません。あるのは弁体(べんたい、またはブランジャーとも)というパーツです。じつは正式に「バルブコア」という名称をもったパーツは、前出のアメリカンバルブ内にしかないのです。……とはいえ通称として一般に使われてしまっているので、説明上は「フレンチバルブのバルブコア」と言ってしまったほうが伝わりやすいですね。


2.覚えるべき単位はkPa、BARのふたつ

▲ポンプの空気圧ゲージを見ると、さまざまな単位が書かれています。すべて空気圧を表す正しい単位ではありますが、「国際標準単位」として覚えるべきはkPa(キロパスカル)とBAR(バール)です。PSI(ポンドスクエアインチ)はイギリスやアメリカ、kgf/cm²(キログラム)は日本の古くからの単位です。ちなみにkPaの「P」のみ大文字なのは、「パスカル」という人物名を表す場合は大文字表記する、という決まりがあるためです。


3.じつは多くの人が知らないバルブ長の正しい長さ

▲32㎜、48㎜、80㎜などたくさんの長さがある「バルブ長」。しかし意外とそのバルブ長がどの区間を表しているか、知らない人は多いようです。JIS規格によって定められた「バルブ長」とは上の赤線の区間! 上の小ネジ部分は含まず、下はチューブとの接合面、バルブベースと呼ばれる円周までです。でも大事なのは、装着するリムの高さとそれによって決まる「露出しているバルブの長さ」なので、バルブ長だけを測っても意味はないですね。リムから20㎜ほどバルブが露出していればポンプヘッドが差し込みやすいですよ。


4.バルブナットの果たす役目は大きい

▲ステムにネジが切られたバルブにはバルブナットが付属しているはずです。このバルブナット、けっこう大切な役割を果たしています。具体的には「バルブの傾き防止」(チューブが内側でズレなくなる)、「バルブの露出する長さの確保」(ないと低気圧からのポンピングの際、ポンプヘッドを差し込むだけでバルブ自体を沈めてしまう)、音鳴り防止(バルブ通し用の穴とバルブがカンカン鳴らなくなる)などです。ネジ切りがない、つまりバルブナットが付属しないチューブもありますが、コスト削減を目的にしているようです。


5.バルブキャップはやっぱり必要

▲バルブキャップの役目は防水や防塵です。バルブの先端付近にある小ネジにはわずかに「切り欠き」が入っています。本来は空気の通り道ですが、まれに水や微細なゴミが入ってしまう可能性があります。これを防ぐのがキャップの役目です。さらに万が一落車した際に尖った部分が当たってケガをしないようにするのも重要な役目。キャップの要・不要についてはたくさんの意見があると思いますが……なによりも安全第一を優先して「必要」と考えておきましょう。

 

いかがだったでしょうか? これまでなにげなく触ってきたバルブ、行ってきた空気入れのことでも意外に知らないことがあったのでは? 週末、自転車仲間にこれらのトリビアを披露してみてはいかがでしょうか?

 

ウラバス編集部員 浜田

2017.06.07
TOP|自転車|URABUS NEWS
自転車
URABUS NEWS

この記事へのコメント
全てのコメント 0

SUBARUで愉しむお客様の趣味や好奇心を応援する情報をご紹介