• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

落として巻き上げるだけで簡単に真鯛が釣れる!?噂のルアー「タイラバ」でマダイ釣りに挑戦

落として巻き上げるだけで簡単に真鯛が釣れる!?噂のルアー「タイラバ」でマダイ釣りに挑戦

URABUSサポーターしんのすけです。

桜鯛とも呼ばれる真鯛は、桜咲く季節が大型の数釣りも楽しめる最盛期。難しいイメージが強いマダイ釣りですが、落として巻き上げるだけで、初心者でも簡単に釣れるというルアー「タイラバ」が人気を集めています。本当に初めてのチャレンジでも簡単に釣ることができるのか?カヤックフィッシングで挑戦してきました。

タイラバとは…

ただ落として一定速度で巻きあげるだけで、難しいテクニックがなくてもマダイが釣れるということで人気となっている「タイラバ」。

▲オモリと、ラバーと呼ばれるフワフワ(黒と黄色の縞々部分)、ネクタイと呼ばれる平たい紐(オレンジ部分)がついているのがタイラバの基本構造。

タイラバは日本の伝統漁具に発想を得た新しいルアー。特に大切なのがネクタイの部分で、これが水中でヒラヒラして真鯛を誘い、このネクタイに真鯛が食いついてくると言います。最初ゴツゴツとアタリがあった時は、このネクタイの先を真鯛がくわえている状態。それでもまだ一定の速度で巻き上げます。普通のルアーならここで真鯛が違和感を感じて離してしまうところですが、不思議なことにタイラバの場合、真鯛はさらに食い進んでいきます。そして、ハリを口にくわえたところで真鯛が違和感を感じて反転。ハリ掛かりしてギュイーンと引き込まれるそうです。このタイラバ、簡単に鯛が釣れるとあって人気急上昇中なのですが、専門とする船宿さんはまだまだ少なく、乗合船もあまり出ていないので、今回はシーカヤックでチャレンジすることにしました。

カヤックで観音崎沖へ

ガイドをつとめてくれるのは、三浦半島で東京湾に面した横須賀市走水にあるカヤックショップ「LOHAS KAYAK」の佐野さん。

▲走水からカヤックを出せば真鯛釣りのメジャースポット「観音崎沖」は目と鼻の先なので、真鯛のスポットを知り尽くしたガイドさん。「日本一マダイを釣らせるガイド」と言っても過言ではないかもしれません。

専門の遊漁船で釣りに行っても釣果ゼロということも珍しくないマダイですが、佐野さんは「今日は釣れますよ!」と自信満々。それも経験のなす技なのでしょうか。さて、今回シーカヤックでタイラバに挑戦するのは…

▲カヤックでのフィッシングもタイラバも初チャレンジという宮原さん。初めてのチャレンジで釣れるほど甘くないのか、それとも初めてでも釣れてしまうのか…

 

いざ出発!

LOHAS KAYAKでシーカヤックをレンタルし、走水から出航。観音崎沖を目指します。

ここ観音崎沖は、マダイを狙う釣り船も集まるマダイ釣りのメジャーポイント。東京湾がもっともすぼんでいる(神奈川と千葉の間が狭い)エリアでとても潮の流れが早い場所でもあります。慣れていない人が行くと、いつのまにか遠くへ流され、帰ってこれなくなることもありますので、ガイドと一緒に行くことをお勧めします。

▲ポイントについてさっそく釣り開始。ルアーを海底まで落としたら、一定速度で巻き上げ、アタリがなければまた落として巻き上げるの繰り返し。

▲潮の流れが早いので、数回タイラバを落とすと100メートル以上流されているので、流れに逆らって漕いで戻り、また落とします。

この日は潮の動きが大きい大潮。真鯛釣りには適した潮回りです…が、潮の流れも速くなるので正直なかなかハードで腕はパンパンです。でも、こんな場所だからこそマダイが集まるのだと佐野さんは言います。

そして、何度かポイントを移動していると…

▲ガイドの佐野さんの竿が大きく曲がりました。一見して大きなマダイだろうと分かるアタリです。

▲慣れた手つきでファイトを楽しみ…

▲上がってきたのは、佐野さんにとっても今季最大となるお腹パンパンの3キロオーバーのマダイでした。

釣れだすとバタバタと釣れるのがマダイ。このチャンスタイムを逃すまいと、初心者の宮原さんもがんばってタイラバを巻き上げます。

すると…

▲竿を持つ手に伝わってくるゴツゴツというアタリ。

▲同時にギューンと竿が水面へと引き込まれます。マダイのアタリです。

▲思わずこの笑顔。釣り人がよく「真鯛の三段引き」というように、何度も強烈な引きを見せます。

▲ゆっくりとファイトを楽しみながら巻いてくると、桜色の魚体が水面に姿を現しました。

▲しっかり網に収めるまでは気を抜けません。見事にキャッチ!タイラバのハリががっちりと口にかかっています。

▲桜色のボディーにブルーの斑紋が綺麗なマダイ。あとで計ってみたらサイズは1.3キロでした。

タイラバ初チャレンジでも、食べごろサイズのマダイがばっちり釣れちゃいましたね!

「タイラバは初心者でも簡単にマダイが釣れる」というのはあながち間違っていないかもしれません。

▲この日の釣果はマダイが2匹、ヒラメが1匹

タイラバはタイという名前がついていますが、実はタイ以外にも、ヒラメ、ホウボウ、イナダなどいろいろな魚が狙える万能ルアーなのです。今回釣れたマダイとヒラメは、お刺身やカルパッチョ、鯛飯にして美味しくいただきました。LOHAS KAYAKではシーカヤックで楽しむタイラバのガイドを随時行っているそうなので、マダイが美味しいこの時期、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

取材協力:
LOHAS KAYAK
神奈川県横須賀市走水2-20-3
046-890-1170
http://lohaskayak.com/

URABUSサポーターしんのすけ

この記事へのコメント
全てのコメント 0