アクセスいただき、ありがとうございます。
この度、URABUSは2020年08月31日をもちましてサービスを終了させていただきます。
長らくのご愛顧、誠にありがとうございました。

  • 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

あなたもURABUSの仲間になりませんか?
登録すると記事のクリップやコメントなどサイトの便利な機能が使える様になります。
また会員限定のお得なサービスも企画中!

記事のクリップ(ブックマーク)が可能です。後から読みたいものやお気に入りの記事をクリップ!

気になる会員をクリップ!他の会員の方のクリップした記事を見ることが可能になります。

記事のクリップ(ブックマーク)が可能です。後から読みたいものやお気に入りの記事をクリップ!

メールアドレスとパスワードを
入力してログインしてください。

ID パスワード

ソーシャル連携をされている方はこちらからログインすることも可能です。

HOME

SUBARUで愉しむお客様の趣味や好奇心を応援する情報をご紹介

まるで海外!コバルトブルーの温泉が堪能できる大分県別府、由布院の絶景を自転車で巡る旅にチャレンジ

まるで海外!コバルトブルーの温泉が堪能できる大分県別府、由布院の絶景を自転車で巡る旅にチャレンジ

URABUS編集部員の浜田です。立春を過ぎたとはいえまだまだ寒いこの季節。暖かさを求めて九州は大分県の別府、由布院を自転車で旅してきました。目指すは両温泉地での入浴と、絶景を見ること! 大分県をレッツサイクリング!

▲今回のルートは大分空港から213号線を南下して別府へ。さらに西へと500号線~616号線をつなぎ、由布院へ向かいます。そして、その途中にある温泉と絶景に立ち寄っていきます。大分空港から由布院までは約70㎞ほどです。

 

海沿いを快走、別府の地獄めぐりへ

▲自転車を組んだらまずは別府へ。別府湾を横目に南下します。この日は小春日和でおだやかに晴れ、気持ちがいい。道路も走りやすいです。

▲日本有数の温泉地別府。「別府の地獄めぐり」は一度は聞いたことがあるのでは? そのひとつ、白池温泉はお湯がその名のとおり真っ白。温度は90℃もあります!

 

読める?「明礬」温泉でひとっ風呂

▲でも見る温泉だけじゃ物足りない! 別府の中心街を少し離れて西へと走れば「別府八湯」のひとつ、明礬(みょうばん)温泉へたどり着きます。こちらの鶴寿泉(かくじゅせん)は小さな小屋のような入浴施設。驚くべきことにこの施設、無料なんです! つまりタダで温泉に入れる! サイクリングウエアを脱いでさっそく入湯。

▲小屋の中は狭く薄暗いのですが、同席した人たちとの会話が弾みます。そのおかげで地元のおじさんたちも快くいっしょに写ってくれましたよ(笑)。(※浴場での撮影は特別な許可を得て行っています)

 

由布院の温泉を目指して上れ!

▲火照った体のまま再度自転車にまたがり、次は由布院方面へ向かいます。由布院は由布岳を上った先の盆地にあり、ここからは長いヒルクライム。快適なロードバイクと素晴らしい天気に力を借りて、えっちらおっちら上ります。上り切ったらお待ちかねのダウンヒル。安全かつ楽しく下っている途中に、本日2つめの入浴施設、温泉宿「庄屋の館」へ到着。

▲この温泉の最大の特徴は色! 季節や日時によって色が変わるという不思議な湯です。この日の内湯はコバルトブルーに染まっていました!

▲そして露天大浴場がこちら! 夕日に染まる由布岳を望む絶景とあったか~い湯が心と体を癒してくれます。これにて一日めの温泉のノルマは達成! 次の日は、さらなる由布院の絶景を楽しみます。

 

由布院絶景巡りは早朝から

朝6時、由布市の端にある金鱗湖(きんりんこ)へ向かいます。目的はここに出るという朝霧を見るため。気温や湿度によって見られないこともあるのですがこの日はちゃんと朝霧が出ていました。

▲湖面から上がる霧が、朝日とともに幻想的な風景を生み出します。早起きした甲斐がありました。

▲気温5℃にも満たない環境でしたが、静かな湖畔にたたずむ瞬間に寒さを忘れます。十分堪能したら由布院の中心街へと脚を伸ばしますよ!

 

由布院の街から見える風景

▲由布院の中心街には辻馬車が走っています。街の中をカッポカッポと蹄(ひづめ)の音がするのは少し不思議な感じです。

▲また由布院市内の城橋からは由布岳が一望できます。これも絶景です。街中からこんな景色が見えるなんてステキですね。

 

最後は伽藍岳をヒルクライム

さらに帰り道には由布岳のそばにある伽藍岳(がらんだけ)に向かってみます。

▲勾配が厳しい坂を上り切れば、噴煙が立ち上がる火口が見られます。岩だらけの荒涼とした景色は、ここが日本でないような錯覚におちいるほど。一見の価値ありです!

 

さて、いかがでしたか? 大分県の温泉と絶景を味わう旅。関東に住む人にとっては九州・大分は遠い地かもしれませんが、えいやっと飛び出せばきっと素敵な旅が楽しめるはず。あなたも一度大分の温泉に浸かりに来ませんか?

 

URABUS編集部員 浜田

この記事へのコメント
全てのコメント 0

SUBARUで愉しむお客様の趣味や好奇心を応援する情報をご紹介