• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

ピンバッジだけじゃない!日本百名山を歩いて買いたいお土産コレクションー谷川岳、燕岳、常念岳篇ー

ピンバッジだけじゃない!日本百名山を歩いて買いたいお土産コレクションー谷川岳、燕岳、常念岳篇ー

登山のお土産といえば、手ぬぐいや山をモチーフにしたピンバッジなどをイメージする人も多いかもしれません。最近は山小屋やふもと町、ロープウェイ乗り場などの売店をよく見渡してみると、そこでしか買うことのできないオシャレで素敵なお土産がたくさんあるんです!というわけで今回は日本百名山の中でも、谷川岳、燕岳、常念岳のオススメ土産をまとめてみました!

 

谷川岳(群馬県)

▲クライミングをする人たちにとっては、憧れの山という人も多いのでは?険しい山のイメージもある谷川岳は、初心者でも楽しめるルートもあります。ロープウェイで標高1,300まで一気にあがり、ブナの森、木道、尾根歩き、少し頑張る岩場など、バリエーション豊かな天神尾根コースを進むこと約2時間30分。双耳峰である山頂(トマノ耳)からは、尾瀬の山々、浅間山、富士山などを見渡せる360度の大絶景!

▲こちらのお土産コレクションは山頂直下にある山小屋・肩の小屋で見つけた、小屋オリジナルのワッペン(500円)。2種類あって、バックパックや普段使いしているトートバックなどに付けたら、オリジナル感が出てかわいい!

▲同じく、小屋オリジナルポーチ(小500円)。クッションのような生地で、サイズは大中小。小屋のご主人がネパールで仕入れてきたポーチに、一つひとつ刺繍をしたもの。お財布にも飴などの行動食入れにもおすすめですよ!

▲谷川岳ロープウェイの売店で見つけた、みなかみ町産のとうがらしで作られた柚子七味。町でのとうがらし生産が少なくなってしまった今、世の中にみなかみ町産のとうがらしを残すために、製造されているものだとか。パッケージもかわいいので、家族や山友へのお土産にぜひ。

 

表銀座・燕岳~常念岳(長野県)

▲北アルプスの憧れルートのひとつ、表銀座。初心者の人たちでもその名を知る名峰・燕岳(つばくろだけ)をはじめ、穂高連峰や槍ヶ岳を目の前に眺める大天井岳(おてんしょうだけ)~常念岳(じょうねんだけ)の稜線など。これぞ北アルプス!という景色を楽しみたいなら、1泊2日でぜひ歩いてみてほしい。北アルプス三大急登のひとつ・合戦尾根を歩くこと約4時間30分。そこから先は、これでもかというほどの絶景とどこまでも続く稜線歩き待っている!

▲合戦尾根を登り、まずはじめの現れる山小屋・燕山荘。女子に人気の山小屋ともあり、売店には驚くほどのアイテムの数が。その中でも目を引いたのは、北アルプスのルートが鳥瞰図風のイラストで描かれた「ルートマップバンダナ」(1,050円)。燕岳や燕山荘だけでなく、槍ヶ岳、高山植物、雷鳥など。見ていて楽しくなるアイテム!

▲大天井岳の直下に建つ山小屋、大天荘の売店で見つけたオリジナルトートバッグ(800円)。普段使いをして、さりげなく山好きをアピールできるおしゃれアイテム!下山後の温泉セットや着替えを入れるのにも重宝しそうですね。

 

番外:山スタンプ

集めていますか?山スタンプ!山小屋やビジターセンターなど、訪れた場所のオリジナルスタンプはかわいくて押印必須。スタンプはいつどこで出会えるか分からないので、スタンプ手帳は常にバックパックに入れておくことをおすすめします!

URABUS編集部 アニー

この記事へのコメント
全てのコメント 0

SUBARUで愉しむお客様の趣味や好奇心を応援する情報をご紹介