• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

大自然が育むエメラルドグリーンの阿寺渓谷へ!名古屋駅からロードバイクで行く1泊2日の旅をレポートします

大自然が育むエメラルドグリーンの阿寺渓谷へ!名古屋駅からロードバイクで行く1泊2日の旅をレポートします

たまには計画に縛られず、自由に旅をしてみたくないですか?細かい計画はせず、ただ目的地を決めて行くゆるーいツーリング。今回はURABUS編集部のトモヒロが「きれいな渓谷が見たい!」ということで、阿寺渓谷へ旅をしてきました。

阿寺渓谷とは、長野県の大桑村にある“エメラルドグリーンの渓谷”です。電車で行けばJR野尻駅から行くのが近いのですが、ツーリングということで名古屋駅まで新幹線で輪行し、そこから100kmほど走って向かうことにします。

▲名古屋駅で自転車を組み立て、いざ出発。

1泊2日の装備なので大きめのサドルバッグにすべて収納します。暑さもおさまってきた最近ですが、山となれば気温が下がることも。この日は曇りでしたが、雨対策もしっかり用意しておきたいですね。

▲旧中山道として知られる国道19号線。

景色は地味で、ゆるーい上りが続きます。古人に思いをはせながら淡々とペダルを踏み続けて北上します。走り始めはウキウキしてぐんぐん進みますが、地味な国道は飽きも早い……。そんなビミョーかつリアルな精神状況もツーリングらしくていいですけどね。まだ数十㎞しか走ってない……。渓谷はまだ?

▲落合川付近の高台から。ようやく旅っぽい景色に出会えました。

標高もそれなりに高くなったところで、道路脇から見晴しのいい景色が見えました、一息ついてぼんやりしていたら、そういえばお腹がすいたなぁと。近くの食堂で昼ごはんを食べることにしました。

▲大衆食堂「ますだや」にて昼食。トンカツ定食をほおばります。

オンシーズンではかなりにぎわう(?)のか、今日はほぼ誰もおらず貸切状態の店内。量はかなりあるので、コスパは高いでしょう。

【DATA】
大衆食堂 ますだや
岐阜県中津川市落合2283

腹ごしらえを済ませたら、元気いっぱいに走り出してふたたび阿寺渓谷を目指します。

▲阿寺渓谷の看板を見つけ、1日目のゴールまで残りわずか。

やや上り基調の川沿いを走っていきます。

▲道の脇には人工のヒノキ林。

空気もかなりひんやりしていて、大自然のパワーを感じながらテンションが高まる!そしてふと気づけば阿寺川。橋の上から覗けば、おぉ!ほんとうにエメラルドグリーンだ!

▲これが阿寺渓谷。

見てくださいよこの透明度!

▲思わずスマホでパシャリ。

色補正とかしてませんよ?ほんとうにエメラルドグリーンなんです!水深がわからないくらい透明度が高く、美しい阿寺川。

しばらく眺めて堪能したあと、近くの宿へ移動して休みます。晩ごはんは道の駅大桑まで足を伸ばし、あたたかい豚角煮そばをいただきました。

▲濃いめの味付け&やわらかい角煮が絶品の「豚角煮そば」。

夜は早めに寝て次の日に備えます。

【DATA】
グルメリアきらく
長野県木曽郡大桑村大字野尻160-27

▲翌朝は雨模様。

やむ気配もないし、帰りの電車もあるのでしぶしぶ出発。2日目は松本を目指して約80kmを走ります。

▲雨というより豪雨。

ジャージにレインジャケットを羽織り、ズブ濡れどころじゃない状況ですが、とにかく進むしかありません。2日目は40kmほど上って、あとはずっと下り基調。こうした「あとでラクするコース」を作ることも重要なポイントです。しかし、雨が止まずに寒くなってきたなぁ…。

▲昼ごはんはなべ焼きうどん(また麺ですみません)。

ほっこりする、あたたかい味でした。1日目のノリで、やはり大衆食堂的な「食堂S.S」に立ち寄って休憩。おばあちゃんの手作りっぽい味で心が落ち着きます。

▲そうこうしているうちに雨がおさまってきました。

気持ちをリセットして、ふたたびペダルを踏みはじめます。ゴールの松本駅に予定より少し早く到着してしまったので、思いつきで松本城を見学に行きました。

▲奇跡的に晴れた松本城。

さっきまでの雨はなんだったの?と思うほど、気持ちいいゴールになりました。ズブ濡れのウエアはすっかり乾き、地面にも雨のあとがないくらいのピーカンに。見上げれば分厚い雨雲はまだすぐそこにありましたが、ともあれラストにふさわしい景色を拝むことができたのです。こうした偶然も旅ならでは、かもしれません。

「きれいな渓谷が見たい!」というシンプルな理由だけで行ってみたツーリング。でもそれなりに楽しさがあって、美しい景色はもちろん、地味なことにもなにかしらの意味を感じられる不思議な旅でした。気持ちに余裕をもって、たまにはこういうラフな旅もいいかもしれませんね。

 

URABUS編集部 トモヒロ

この記事へのコメント
全てのコメント 1
2015.09.28 20:19

ズバリ!地元です!!阿寺渓谷、行ったのは随分昔の事・・・。また行きたくなりました。森林浴も楽しめますよね。