• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

テント泊初心者にもおすすめ!泊まりがけで秋の山歩きが楽しめるルート&テントサイト5選

テント泊初心者にもおすすめ!泊まりがけで秋の山歩きが楽しめるルート&テントサイト5選

秋の山歩きにおすすめなキャンプサイトを登山ルートと共に紹介します!

1. 立山・室堂(富山県)

標高:2,611m(奥大日岳)
歩行時間:1日目/45分、2日目/6時間
1日目/室堂~みくりが池~雷鳥沢キャンプ場(泊)
2日目/雷鳥沢~新室堂乗越~奥大日岳~雷鳥沢~室堂

高山植物が多く生息し、立山連峰や大日連峰が見渡せる最高の景色のなか宿泊できる雷鳥沢キャンプ場は、多くの人が訪れる山岳リゾートとしても有名。北アルプスでもっとも美しい火山湖といわれる「みくりが池」が、紺碧の水面に立山の姿を映し出す風景は圧巻。奥日大岳を連ねる大日連峰は花の名山としても知られ、足元にまで絶景を見ることができる。室堂には日本一高所にある天然温泉「みくりが池温泉」が。冒険の終わりにゆったりつかりたい。

★アクセス★
電車の場合、(富山県側から)立山駅から立山ケーブルカーで約7分の美女平まで行き、立山高原バスに乗り換え約50分。(長野県側から)扇沢駅からトロリーバスやケーブルカーを乗り継ぎ約1時間30分。車の場合、(富山県側から)立山ICから約40分、立山駅周辺の駐車場に駐車し、立山駅からケーブルカーへ乗り換え、それからは電車の場合と同様。(長野県側から)長野自動車道豊科ICから約80分、扇沢駅の駐車場へ。そこからは電車の場合と同様。

★テントサイト情報★
周辺には山小屋もあり、温泉にも入浴できる居心地のよいキャンプ場。その人気から8月のハイシーズンにはテントが満杯になることもしばしば。早めに到着し、夕焼けや星空、そして朝焼けの美しさを堪能したい。

【雷鳥沢キャンプ場】
期間:4月下旬~10月中旬
標高:2,350m
料金:一人\500
幕営数:300 張
水場:あり
トイレ:あり


2.赤岳鉱泉(長野県)

標高:2,760m(硫黄岳)
歩行時間:1日目/3時間、2日目/6時間
1日目/(美濃戸口)~美濃戸山荘~赤岳鉱泉(泊)
2日目/赤岳鉱泉~硫黄岳~赤岳鉱泉~美濃戸山荘~(美濃戸口)

八ヶ岳の山々を眺めながら硫黄岳山頂を目指すこのルートは、樹林帯の急登を経なければならず、ちょっぴりハードだけれど、荷物はテントに置いて、身軽に新緑を眺めながら歩けば夏の忘れられない思い出となりそう。このルートのうれしいところは宿泊する赤岳鉱泉で食事も、そして5月末から10月までの夏季営業期間中であれば、なんとお風呂もいただけること。テント泊者は夕食(2,000円)、朝食(1,000円)、入浴(1,000円)で受付してくれる。売店コーナーにはお酒やおつまみも豊富に用意されているから、存分に長い夜を楽しむことができそう!

★アクセス★
電車の場合、JR 茅野駅からアルピコ交通バスで約1時間。車の場合、中央道諏訪南ICを降り八ヶ岳ズームラインを経て約5分。

★テントサイト情報★
広々としたテントサイトで開放感あふれる宿泊体験ができる。テント泊者用に有料で夕食や朝食の用意もあり、身軽に出かけることができるのがうれしい。夏季営業期間中は入浴(有料)も可能でゆったり汗を流せる。

【赤岳鉱泉】
期間:通年
標高:2,220m
料金:一人\1,000
幕営数:100張
水場:あり
トイレ:あり


3.上高地(長野県)

標高:1,562m(徳沢キャンプ場)
歩行時間:1日目/2時間、2日目/3時間
1日目/上高地バスターミナル~明神~徳沢キャンプ場(泊)
2日目/徳沢キャンプ場~明神~明神池~河童橋~上高地バスターミナル

槍ヶ岳や穂高連峰への玄関口として、登山をしない人にとってはのんびりとしたリゾートとして、多くの人で賑わう上高地。山歩きの経験がなくても、散策感覚で訪れることができるのがこの徳沢キャンプ場までのルート。明神橋から河童橋までの道中には岳沢湿原があり、さまざまな上高地の自然を見ながら静かな草原歩きをすることができる。徳沢キャンプ場は芝の上に幕営する気持ちのいい場所。気軽にテント泊をしてほしいと、徳澤園ではテントのレンタルをはじめ、スリーピングバッグや毛布の貸し出しも行っており、テントを持っていない人でもOK。

★アクセス★
電車の場合、(松本方面から)JR松本駅から路線バスまたはタクシーで約2時間45分。(高山方面から)JR高山駅から路線バスまたはタクシーで約1時間25分。車の場合、(松本方面から)松本ICから国道158号線を経て約1時間、沢渡駐車場にてシャトルバスまたはタクシーに乗り換えて約30分。(高山方面から)高松ICから国道158号線を経て約1時間、平湯駐車場にてシャトルバスまたはタクシーに乗り換えて約25分。

★テントサイト情報★
広々とした芝のテントサイトは居心地もよく初心者にも優しい。3~4人用のテントは7,500円、寝袋は2,000円、毛布は500円でレンタル可能。予約すれば夕食の用意もあり。近くの徳沢ロッヂでは日帰り入浴可。

【徳沢キャンプ場】
期間:4月下旬~11月上旬
標高:1,555m
料金:一人\700
幕営数:200 張
水場:あり
トイレ:あり


4.笠取山(山梨県)

標高:1,953m(笠取山)
歩行時間:1日目/1時間30分、2日目/2時間30分
1日目/作場平口~ヤブ沢峠~笠取小屋(泊)
2日目/笠取小屋~小さな分水嶺~笠取山~笠取小屋~作場平口


なだらかな道が続き、重たい荷物を背負っていても気持ちよく歩くことができる笠取山への道のり。東京都水道局の水道水源林ということもあり、管理の行き届いた木道が続くので、山歩きに慣れていなくても歩きやすいのが魅力。沢沿いを歩くため夏の涼を求めて訪れるのもおすすめだ。笠取山へは気持ちのよい草原から急な登りが少々あるが、荷物はテントに置いていけば楽チン。美しいピンク色のシャクナゲが季節を迎え、訪れる人たちを歓迎してくれる。水量が豊富で、テントサイトからすぐの水場ではおいしい湧き水をいただくことができる。

★アクセス★
電車の場合、JR 塩山駅からタクシーで約1 時間。車の場合、中央自動車道勝沼ICから国道20・411号、県道34号経由で約37km。

★テントサイト情報★
笠取山の山中に位置する笠取小屋すぐにテント場がある。水場はテントサイトから徒歩2分。小屋は基本的に土日祝日営業だが夏休み営業があるなど不定期のため、宿泊の際は必ず連絡を入れ確認を取ろう。

【笠取小屋】
期間:4月末~ 1月上旬、年末年始
標高:1,776m
料金:一人\500
幕営数:60 張
水場:あり
トイレ:あり


5.くじゅう連山(大分県)

標高:1,786m(久住山)
歩行時間:1日目/3時間、2日目/7時間
1日目/くじゅう登山口~雨ヶ池越~坊がつるキャンプ場(泊)
2日目/坊がつるキャンプ場~法華院温泉山荘~北千里浜~久住山~坊がつる~くじゅう登山口

日本屈指の広大な草原を有し、国内最大級の高層湿原としてラムサール条約の登録地にもなっている九重山一帯。登山口から宿泊地の坊がつるまでは、緑豊かな道のりをハイキング気分で歩くことができる。九州一の高所に位置する山中の秘湯「法華院温泉」へはテントサイトから10 分程度。大草原を眺めながら1日目の疲れを癒したい。2日目は1日目の緑豊かな景色は一変、岩石のゴロゴロと転がる荒涼とした山肌を歩き、東洋のマッターホルンとうたわれる久住山山頂へ。標高差はなく緩やかな道のりなので、難なく山頂まで登ることができる。

★アクセス★
電車の場合、JR 久大本線豊後中村駅から日田バスで約50分。車の場合、(阿蘇方面から)JR 宮地駅からやまなみハイウェイを経由して約40分。(大分方面から)大分自動車道湯布院ICから、やまなみハイウェイを経由して約30分。

★テントサイト情報★
なんとテントサイトは無料で開放されいる。炊事場まで備えつけられており料理もしやすく、ゆったりと快適にテントでの時間を過ごすことができそう。「法華院温泉」へは徒歩10 分。入浴料は500 円。

【坊がつるキャンプ場】
期間:通年
標高:1,300m
料金:無料
幕営数:500 張
水場:あり
トイレ:あり
 

URABUSサポーター 渡部 恵
 

写真:杉村 航、加戸昭太郎、鍵岡龍門、宇宙大使☆スター

この記事へのコメント
全てのコメント 0

SUBARUで愉しむお客様の趣味や好奇心を応援する情報をご紹介