• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

夏のお台場で、灼熱の自転車祭り!大人からこどもまで楽しめる「湾岸サイクルフェスティバル2015」に行ってきました

夏のお台場で、灼熱の自転車祭り!大人からこどもまで楽しめる「湾岸サイクルフェスティバル2015」に行ってきました

お台場は、今や海外からの観光客にも大人気の湾岸エリア。 そんな湾岸エリアを代表するお台場のど真ん中で開催された、湾岸サイクルフェスティバル2015。熱心なサイクリストや家族連れなどで賑わいを見せる会場は、様々なイベントで夏の暑さにも負けない盛り上がりを見せました。

▲お台場のシンボル・フジテレビと観覧車に挟まれたシンボルプロムナード公園「夢広場」で、レースや自転車の試乗会などサイクリストなら盛り上がること間違いなしのイベントが繰り広げられた2日間。その盛り上がりに、通りかかったたくさんの家族連れもついつい足を止めて見入っていました。

▲会場には多くの自転車メーカーが、ニューモデルの試乗車を用意!キッズバイクも多数用意され、ファミリーで最新の自転車の乗り味を試していました。

▲湾岸サイクルフェスティバル2015の大きなイベントが、「湾岸クリテリウム2015」。クリテリウムとは市街地に設置された短いコースを周回する、都市型自転車レース!いつもの見慣れた街を疾走する自転車の迫力は、ルールを知らなくても十分に楽しめること間違いなしです。

▲ガールズケイリンのメンバーも来場し、華を添えます。「顔より太もも」のキャッチコピーは有名ですが、ナマの女子ケイリン選手を目にするとみんなカワイイ!もちろん太ももも立派なものでした。

▲お台場は、2020年東京オリンピックとパラリンピックのメイン会場。そんな『未来のお台場』をレジェンドサイクリスト今中大介さん、白戸太朗さんたちと走る「ツール・ド・湾岸」も開催されました。公募された一般サイクリストたちと、現在大掛かりな工事が行われているお台場・湾岸地区を、約10kmに渡ってサイクリング。

▲会場にはひときわ目を惹く、2台のクルマ。サイクリストなら誰もが憧れる、「マヴィックカー」と「シマノカー」。またイエローとブルーの配色が晴天のお台場で輝いて、人気の撮影スポットになっていました。

▲アニメ「弱虫ペダル」の影響で、キッズたちにもスポーツバイクが大人気!「湾岸クリテリウム」のキッズ部門は、たくさんのキッズレーサーたちがエントリー。小学生は4.35km、中学生は8.7kmのコースを熱く戦い抜きました。

▲大人も子どもも楽しめるブースが、「人力発電かき氷」。ペダルを回して発電した電力でかき氷機を動かそう、という単純ながら奥が深い!?企画。のんびりしていると氷が溶けてしまうので、みんな必死にペダルを回します。出来たかき氷は無料で参加者に配られるとあって、大人気でした。

▲他にも参加者の楽しめるイベントが「ガールズケイリンとミスター競輪・中野浩一さんのスプリント勝負!」。会場内に投票箱が設置され1着予想を投票し、当選者には豪華賞品がプレゼントとされるというもの。こんな超不規則・男女混合スプリント戦が観戦出来るのも、イベントならではですね。

▲湾岸サイクルフェスティバル会場の隣には、こちらも夏の風物詩「お台場夢大陸オマツリランド」が開催されています。
会場の入場無料エリアには、ロードレースのサポートカーやマヴィックカーでおなじみのスバル車が展示されたスペース『スバル アクティブライフ スクエア』が設営され、実車をじっくりと見れるだけでなくアクティブSUV走行やアイサイトも体験できるそう!

▲『スバル アクティブライフ スクエア』にはキッズカート広場があり、小学生は無料でカート体験ができるとあって大人気!こちらのイベントは夏休み中の8/31まで開催しているので、ぜひ足を運んでみてはいかかでしょうか?

 

URABUS編集部 かに

この記事へのコメント
全てのコメント 0