• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

[西山の自転車マニア道]直してでも乗りたいボロ自転車をいかにして手に入れるかを、初心者のために難易度別にまとめてみました

[西山の自転車マニア道]直してでも乗りたいボロ自転車をいかにして手に入れるかを、初心者のために難易度別にまとめてみました

自転車ライドならまさに今というベストシーズンにもかかわらず、ボロ自転車を物色しているURABUS編集部随一の自転車マニア西山です。ボロい自転車を修理するのは面白い!立派な自転車エンターテインメントのひとつです。でも直す素材がなければ話になりませんよね。ということでボロ自転車の入手方法を難度別にご紹介しましょう!

難度★
中古ショップ

▲ショップですから、簡単に買えます。最近は「サイクリー」など全国展開の中古スポーツ車ショップも多くなってきました。ただし純然たるボロは少なく、乗れる状態に修理済みの場合も。ショップはやはり店舗展開&スタッフ人件費なども乗ってくるので、やや割高な傾向にはあります。写真は「クラウンギヤーズ」中古ロードバイクなどが豊富にそろっています。

サイクリー
http://www.cycly.co.jp/

クラウンギヤーズ
https://www.crowngears.com/

難度★★
フリーマーケット

▲最近、多くなってきたサイクルフリーマーケット。状態をその目で見ることができ、かつ売り手の顔が見えるので安心。値下げ交渉もできてお買い得です。ちなみに写真は、6年前、関戸橋フリマで買ったオールドダホンです。オーバーホールが必要でしたが6000円でした。出会いがあればフリマは最強ですね。


▲近々のサイクルフリーマーケットは、大阪・服部緑地公園で5月31日開催の「シクロジャンブル」です。きっといい出物ありまっせ!

シクロジャンブル
http://www.geocities.jp/cyclojum/cyclojumble.html

難度★★★
ネットオークション

▲ネットオークションもボロが潤沢にあります。ただし、状態は写真で判断しなくてはなりません。完成車の場合、送料がけっこうかかるというデメリットもあります。もちろん他に落札したい人がいると値段がつりあがります。写真は、一昨年入手した息子用のロードバイク。1万5000円で落札しましたが、車輪がなく完成に苦労しました。

ヤフオク!
http://auctions.yahoo.co.jp/


難度★★★★
歴史ある自転車店

▲古い自転車店の中をよーく見ると、ボロがぶら下がっていることがあります。私がランドナー3号を入手したのも、こんなエピソードでした。


▲こんな感じでぶら下がっていました。30年分のホコリやタバコのヤニですすけています。主人と交渉して4万円で入手しました。話を切り出すのに勇気がいること、価格交渉も必要なので、やはり難度はあがりますね。

▲これも私のランドナー4号の発見時の写真。新品の1973年製ベニックス・ランドナーです。新品のタイヤをつけてもらって5万円でした。古い自転車店の前にくると、中を覗きこまずにはおれません。

 

難度★★★★★
外国人マニアから直接買う

▲自転車もお宝クラスのヴィンテージともなると、ボロでもフレームナンバーで管理されています。私はヴィンテージ英国車を買うために、英国ヴェテランサイクリストクラブに入会。そこでジロットというメーカー専門のマニアと接触して、マニアお墨付きのボロフレームを入手しました。大変すぎ!


▲イギリスより届いたボロフレーム。海外のオークション「イーベイ」で手に入れる方法もありますが、人気のあるヴィンテージブランドだと、偽物に注意が必要です。


ベテランサイクリストクラブ
http://www.v-cc.org.uk/

 

以上、自転車マニア道の入り口、ボロ自転車の入手方法について、難易度別にご紹介しました。

マニアの道は険しいので、初心者の方は、新品の自転車を購入することをおすすめします。

 


URABUS編集部 西山

2015.05.25
TOP|自転車|サイクリング
自転車

この記事へのコメント
全てのコメント 0