• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

散りゆく桜が美しい!花びらが川を流れる「花筏」を大岡川SUP(スタンドアップパドル)クルーズで楽しんできました

散りゆく桜が美しい!花びらが川を流れる「花筏」を大岡川SUP(スタンドアップパドル)クルーズで楽しんできました

URABUSサポーターのしんのすけです。

花筏(はないかだ)」って知っていますか?

桜が散って、花びらが川を連なって流れる様子を筏に見立てた言葉だそうです。とても風流ですよね。僕が住んでいる東京エリアではお花見の季節は終わろうとしていますが、花筏は桜が散る今がまさに見頃。僕も風流が楽しめる大人のアウトドアマンになるべく、花筏を楽しみたいと思っていたところ、「横浜の大岡川では、SUPで川をクルーズしながら花筏が楽しめる」という噂を聞きつけました。

これは行くしかないでしょ!

横浜の桜の名所「大岡川」

大岡川は、横浜市内を流れ、みなとみらいエリアで海へと注ぐ都市河川。川沿いには桜並木があって、横浜の人々に愛されている桜の名所です。毎年春には「大岡川さくら祭り」も開催されています。

▲大岡川に来てみると、さっそく花筏を見つけました。

大岡川では桜の花が散る頃になると、川一面が花びらで埋め尽くされて、幻想的な景色が楽しめることもあるそうです。

▲運がいいとこんな景色に出会えることも…。

そんな大岡川の花筏を、桜のじゅうたんを散歩するように楽しめるのがSUPクルーズです。

SUPとは…

SUP(サップ)は、スタンドアップパドルボードの略。大きめのサーフボードに立ってパドルで漕ぎ、クルージングしたり、波に乗ったりするハワイ発祥の水上スポーツ。

▲SUPのボードはサーフボードよりも大きいので浮力が高くて安定しています。

サーフィンのように立つのが難しいこともないので、誰でも簡単に楽しむ事ができるのが魅力。日本でもここ数年で急激にファンが増えていて、海だけではなく、湖や川でも楽しまれています。

今回、このSUPを使った大岡川クルーズに連れて行ってくれるのは、「横浜SUP倶楽部」。

▲横浜SUP倶楽部のクラブハウスは、大岡川の桜並木に面した場所にあります。

大岡川桜桟橋を拠点に、みなとみらい地区でSUPによるクルージング・講習会を行っている横浜SUP倶楽部。桜の季節には、桜の綺麗な場所をSUPで巡るクルーズも開催しているということで、参加させてもらいました。

SUPで大岡川桜クルーズへ!

SUPは誰でも簡単に楽しめるので、初チャレンジでもクルーズに参加することができます。

▲取材当日は、真冬並みの寒さで冷たい雨が降っていたので少し厚着ですが、普段はジョギングやトレッキングの服装でOK。

サーフィンというとウェットスーツを着るイメージがありますが、波がなく川の流れも緩やかな大岡川では、ほとんど落水することがないので、ウェットスーツを着なくても大丈夫。今までボードから落ちた人は、100人中2人くらいだそうです。

▲ちなみに水深は1.5m~3mくらい。川底が見えるくらい水質も良いです。

さて、桜並木から階段で桟橋に降りたら、川に浮かべたボードに乗り込みます。いきなり立つと落ちる可能性があるので、まずは膝立ちで漕ぐ練習。膝立ちに慣れてきたらボードの上に立ちます。

▲初心者でもだいたい橋2つ分くらい進むうちに立つことができるそうです。

漕ぐ時のポイントは、腕の力で漕がずに、お辞儀をするようにして全身を使って漕ぐこと。こうすることで腕が疲れずに、すいすい水上散歩ができるように。初めてでも1時間半ほどかけて、みなとみらいエリアまで行って帰ってくるクルーズを楽しめます。

サーフィンやウィンドサーフィンと同じボードスポーツではありますが、波や風の力を借りずに、自分の意思で進む感じが新鮮です。しっかり漕げるようになってくるとスピード感も出てきます。

さて、慣れてきたところで、桜の綺麗なポイントへ。

川の両岸が並木なのでどこを見ても桜が綺麗ですが、桜の枝が川に向かって垂れ下がっている場所を見つけて、桜のトンネルを潜ります。

雨に打たれた花びらが上からヒラヒラと舞い降りてきたりして、とても桜と距離が近いお花見です。

「花筏」とまではいきませんが、桜の花びらがたくさん浮いている場所を見つけて…

またトンネルを潜ります。

お花見の名所なのに桜を独り占めしている感じもたまりません。このSUPクルーズの楽しさにハマってしまいそうです。

ちなみに、その日の川の流れによって、散った桜の花びらが集まって花筏となる場所が変わってくるそうです。なので、運がいいと一面が桜の花びらが埋まることもあるし、あまり桜の花びらが見られないことも。今回は、残念ながらあまり桜の花びらは多くなかったんですが、それでも川面を見ると、桜の花びらが次々と流れてきて、とても風流な遊びを楽しんでいる気分は満喫できました。

花筏の季節が終われば、今度は桜並木の新緑が鮮やかな季節。今回お世話になった横浜SUP倶楽部は、毎日、主に朝の早い時間を中心に活動していて、通勤前にジョギング感覚でSUPをする人もいるんだとか。SUPで朝のリバークルーズを楽しんでみてはいかがでしょうか?きっと気持ちの良い一日を過ごせることでしょう。


【DATA】

横浜SUPクラブ

朝SUP(経験者のみ):7:00~ (3000円/1人)

SUPスクール(初心者講習会):平日9:00~ (3000円)/土日祝9:30~ 4000円
http://yokohamasup-club.com/

 

URABUSサポーターしんのすけ

この記事へのコメント
全てのコメント 0

SUBARUで愉しむお客様の趣味や好奇心を応援する情報をご紹介