• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

2014年に流行ったアウトドアアクティビティーTOP3

2014年に流行ったアウトドアアクティビティーTOP3

こんにちわ! URABUSサポーター・カザマです。

 

今回は、日々アウトドアに関するオモシロい遊びを探しているボクがおすすめする、2014年に流行したアウトドアアクティビティー3選を紹介! 2015年も、引き続き流行が予想されるアクティビティーばかりなので、来年ぜひ挑戦してみてください!

 

1.SUP

近年アウトドアフィールドで人気を博している、代表格がSUP! SUPとは、スタンドアップパドル・サーフィンの略称で、ハワイが発祥の地とされるスポーツです。元々は海で大きなサーフボードの上に立ち、パドルで漕ぐという乗り方でしたが、湖など波のない水面でも楽しめることからさまざまなフィールドで楽しまれてきました。ブームとなった要因としては、空気で膨らませるインフレータブルタイプのSUPが多くラインアップされたことが挙げられます。ボストンバッグ程度のサイズにコンパクトに収納できるものもあるので、クルマのラゲッジに積んでキャンプと一緒に楽しむなど、遊びの幅が広がりました。

 

【2015年の注目ポイント!】

川で遊ぶ、”リバーSUP”がおもしろい!

海や湖で遊ぶイメージがあるSUPですが、川下りのように流れに乗るスタイルが増えてきています。あまりパドルを漕がなくてもいい分手軽で、基本さえマスターすれば流れの静かなところで自由に遊ぶことができます。安定性の高いボードを選ぶことがポイント!

 

 

2.650B MTB

マウンテンバイク(MTB)で2014年注目を集めたのは、650Bと呼ばれる27.5インチホイールのタイプです。一般的だった26インチホイールと、2000年代から広まった29erと呼ばれる29インチホイールが普及していましたが、そこに現れたのが650B。27.5インチのホイールで、加速性と走破性の両方を組み合わせたような乗り心地が人気を集めています。日本人の体格に合っていて、扱いやすい点も◎。

 

【2015年の注目ポイント!】

林道や森の中でアドベンチャーMTB!

悪路での走破性が高い650Bの走行性を活かして、少し山道や林道に入ったライディングがおすすめ! 登山とはまた違った山の楽しみ方が見つかるはずです。山によっては自転車が進入禁止な場合もあるので要注意。他の登山者や通行者への配慮も忘れずに!

 

3.スラックライン

ベルト状のラインを利用した綱渡りのようなアクティビティーであるスラックラインは、2014年にキャンプ場で遊ぶキャンパーが急上昇! 2本の木の間にラインを張り、その上を歩くだけのシンプルなアクティビティーですが、シンプルがゆえにどこでもできるその手軽さがウケています。体幹トレーニングとしての効果も期待できて、取り入れているアスリートも多いと聞きます。都内にもスラックラインが体験できるジムもあるので、気になる方はそこで試してみては!?

 

【2015年の注目ポイント!】

水上スラックラインで大盛り上がり必至!

湖や川などの水上にラインを張り、その上を渡り歩くスタイルが海外で人気とのこと。夏場の暑い時期に濡れても大丈夫なカッコで、やってみるのがおすすめ。周りからの注目度も大!グループでやれば盛り上がること間違いなし!

 

まとめ

以上、2014年にブームとなった3つのアクティビティーを紹介しました。どれもフィールドを変えれば新たな楽しみが見つけられるようなアクティビティー。2015年はさらに新鮮な遊び方を見つけてみるのもおもしろいかもしれませんね。

 

URABUSサポーター カザマ

2014.12.30
TOP|山遊び|URABUS NEWS|水遊び
山遊び 水遊び
URABUS NEWS

この記事へのコメント
全てのコメント 0