• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

知る人ぞ知る昭和の老舗、長谷川自転車商会潜入!

知る人ぞ知る昭和の老舗、長谷川自転車商会潜入!

自転車の世界は深く、ちょっと怖いもの見たさもある老舗が存在する。でも踏み込んでみれば、そこはオトナの駄菓子屋なのだ。


長谷川自転車商会は、東京都・世田谷あるランドナーパーツ専門の店(ランドナーとは、クラシックスタイルのツーリング車)。日本におけるサイクリングの黎明期から存在する店で、店主の長谷川弘さん(通称、長谷川オヤジ)は知る人ぞ知る、ツーリング車の世界の顔ともいえる存在。

長谷川弘という人は、サイクリングブームの時に一ショップとしてそれを仕掛けた張本人の一人なのだ。また多くの輪界の有名人やマニアもこの人にかかれば、洟垂れ坊主の頃から知っているということになる。長谷川オヤジは、ツーリング車啓蒙を続けて半世紀。今も積極的にツーリングを楽しんでいるそう。

店主の長谷川弘さん(通称、長谷川オヤジ)
お宝と呼ばれるパーツが店内に(しかもガラスケースの中ばかりでなく)ごろごろしている。この人の人柄と半世紀の時間がなければけっしてできない、この空間に足を踏み入れてオヤジの話だけでも価値がある。頑固オヤジのようでいて、愛嬌あるキャラで、お客を説教するようなことは決してない。お店としては、圧倒的にフランス製の60~80年代のビンテージパーツが得意。マニアパーツを扱っているが、マニアな店主でなく憎めないオヤジであるところがポイント。しばらく行ってないと、オヤジの顔を見に立ち寄りたくなる、そんな昭和な店なのだ。

長谷川自転車商会

東京都世田谷区世田谷1-45-5
TEL03-3420-3365
定休日 月・木曜日

 

URABUS編集部 西山

この記事へのコメント
全てのコメント 0

SUBARUで愉しむお客様の趣味や好奇心を応援する情報をご紹介