• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

“弱虫ペダル”好き自転車ガールの部屋に行ってみた

“弱虫ペダル”好き自転車ガールの部屋に行ってみた

 

みつきさんは、漫画が好きなイマドキの女子。

そんな彼女は『弱虫ペダル』に“ド”ハマりして、10ヶ月でロードバイクを2台ご購入。

友達にも「さいきん自転車の話しか、しないよね」と言われてしまう日々だとか。

 

 

『弱虫ペダル』は、何回読んでも面白い!というみつきさん。

いまや愛車リドレーを“彼氏”と呼ぶほど。

「彼氏にお金かかるので、頑張って仕事します」と、かなり貢いでいる様子です。


▲壁には弱虫ペダルのタイトルが書かれた痛ジャージも。

痛ジャージと頭では分かりつつも、ついつい買ってしまうとのこと。

かなりの枚数、お持ちのようです。


▲そして、なんと彼女の部屋には3本ローラーが!

「毎日30分は乗るようにしています」と自転車への本気度も高い!

聖地である箱根の峠は、当然のごとく、すでに走破済みだとか。


▲弱ペダ一色の棚の中。

大好きなキャラクター物が、てんこ盛り。

「同じものがたくさんあるのは、コレクターの習性ですね」と、みつきさん。

女子のオシャレアイテムと、弱虫ペダルのアイテムが並ぶのも、イマドキ女子ならでは。


▲「ツール・ド・千葉に向けて、現在トレーニング中なんです!」と、ローラーも手慣れた様子。

ヤビツ峠とは、ヒルクライムコースとして有名な神奈川県にある峠。

はじめて一人で行ったときには、どうしたらいいか分からず、ドキドキしながら知らないローディーにいろいろ教えてもらったそうです。

みなさんも彼女を見かけたら、優しくアドバイスしてあげてください!


 

「もう一度、箱根にリベンジしたい。どうすれば、上りに強くなれるんだろう?」とのこと。

みつきさんと“彼氏”とのチャレンジは、まだはじまったばかりのようです。


URABUS編集部 かに

2014.09.10
TOP|自転車|会いたい人|サイクリング
自転車
会いたい人

この記事へのコメント
全てのコメント 0

SUBARUで愉しむお客様の趣味や好奇心を応援する情報をご紹介