• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

瑞牆山で外岩ボルダリングに挑戦!

瑞牆山で外岩ボルダリングに挑戦!

▲高くそびえるゴツゴツした岩山。今日はここにチャレンジ!?

ではなくて、目の前に見えるのはハイカーが歩いたり本気のクライマーが登るところ。

ボルダリングはこの先、ちょっと歩いたところにある岩が点在するエリアで行います。

 

▲ここにはキャンプ場もあり、テントを張って泊まりでボルダリングが楽しめるんです。

僕らもテントを張って、ベースキャンプを設営。

このあと、みんなで岩場に向かいます!

 

▲キャンプ場から約10分位歩いて、目的の岩に到着!

この岩にはレベルの違う3つのルートがあって、初心者から上級者まで楽しめるんです。

いざ岩を目の前にして、みんな「登れるかな?」とドキドキし始める……。

 

▲まずは手で触ってルートを確認。

ボルダリングは手と足をバランスよく置ける場所を探すのがすごく大事。

いい場所を見つけられるかどうかが成否を分けるので、真剣にチェック!

 

▲いよいよ登りはじめ。

後ろからアドバイスをもらいながら、手と足を少しずつ移動して登っていきます。

手の力を使い過ぎないように、足をうまく運ぶのがうまく登るコツ。

 

▲みんな次々にチャレンジ!

後ろで気を送っているかのように手を上げている人は、スポッターと呼ばれ、登っている人が落ちた時に変な落ち方をしないようにサポートをしているんです。

 

▲何回も何回もトライして、やっと成功!!

登った人はもちろん、見ている仲間も思わず笑顔に。

この達成感があるから、ボルダリングは楽しい!

 

▲みんな成功したら、今度はちょっと移動して、なだらかな岩を足だけで登る練習をします。

こうすると足の動きが鍛えられて、ボルダリングが上達するんです。

 

▲お次は高い岩に挑戦!

みんなヒヤヒヤ見ていますが、登っている本人はまだまだ余裕。

手の動きと足の動きを冷静に考えながら登っていきます。

この難しい課題も難なくクリア。僕もいつかは挑戦してみたい!

 

▲指にチョークと呼ばれる白い粉をつけて登るので、登った後の岩は白くなってしまいます。

終わった後はブラシでキレイにしておくのがボルダリングのマナーです。

 

▲ベースキャンプに戻ったらみんなでノンビリ。

美味しいものを食べて、しっかり休んで、翌日もたくさん登りました!

 

あー、また早く登りに行きたい!!

 

【Data】

瑞牆山 (みずがきやま)

山梨県北杜市

標高:2,230m

日本百名山のひとつ。

 

URABUSサポーター ユキ

2014.06.27
TOP|山遊び|初めての体験
山遊び
初めての体験

この記事へのコメント
全てのコメント 0

SUBARUで愉しむお客様の趣味や好奇心を応援する情報をご紹介