• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

椎名誠のでっかい旅ノート07:
“土の家と大フィヨルドへ”

椎名誠のでっかい旅ノート07:
“土の家と大フィヨルドへ”

北部アイスランドのドライブルートは、大きなフィヨルドを抜ける快適な走行です。撮影隊が移動した際は、前日までの雨が嘘のように青空が広がり、雪山が湖に反射する美しいルートを走りました。

 

アイスランド北部をほぼ横断する今回の行程は424km。車で5時間の旅です。

この辺りのフィヨルドは緩斜面な非常に広大なものでした。入江型になっている湾内は非常に波も穏やかで、北方のゆったりとした空気を醸し出しています。

 

少しだけルートを外れて、寄り道するのも旅の楽しみ。今回は、18世紀まで使用されていたというアイスランドの住居「土の家」に立ち寄ります。この家は、なんと土を積み上げられて作られた住居なのです。

 

熔岩原に囲まれ、木材のなかったアイスランドでは、このような粘土質の土を積み上げた家を作り暮らしていました。断熱効果に優れた「芝」を壁や屋根に使用することで、非常に保温効果の高い構造であったそうです。半地下構造になっている屋内は、その外観からは思えないほどに広く、それぞれの小屋が半地下で繋がっています。

 

大昔には、洞窟を利用し入り口に板を貼り付けた様な洞窟住居が使われていたという記録も有るそうです。ドアや調度品に使用されている木材、これらは海岸流れ着く流木を使って作られているそう。

 

アイスランドの海岸線には、ノルウェーやロシアから大きな流木が流れつき、昔から有効活用がされてきました。海岸での流木の争奪戦が繰り広げられることもしばしばあったとか。

 

国道1号線を少し外れると、アイスランドにはこうした未舗装路もまだまだ多く、SUVやAWDといった四輪駆動車の人気も非常に高いため、町中や郊外の至る所で大きなタイヤを付けた四駆を目にします。

 

意外だったのは、この未舗装路が非常に平坦だということ。日本の未舗装路のイメージとは全く違い、轍や凹みも全くなく、比較的舗装路と同じような感覚で運転する事が可能です。アイスランドでは、火山岩が多く道路の下地に使われており、水はけが良い為水たまりなども出来にくく、凹凸のない未舗装路が出来上がるそうです。

 

快晴の下、フィヨルドを抜けた先に小さな港町・ホルマヴィークがあります。

次回は、ホルマヴィークの取材ノートです。

 

番組情報:

 オフィシャルWeb:http://www.fujitv.co.jp/shiina/

indexへ戻る

椎名誠のでっかい旅ノート23:
“今夜いよいよ放送 椎名誠のでっかい旅 ファイナル”
椎名誠のでっかい旅ノート23:
“今夜いよいよ放送 椎名誠のでっかい旅 ファイナル”
椎名誠のでっかい旅ノート22:
コラム“アイスランド観光ルート・ゴールデン・サークル”
椎名誠のでっかい旅ノート22:
コラム“アイスランド観光ルート・ゴールデン・サークル”
椎名誠のでっかい旅ノート21:
“火口から120mの地底旅行・スリーヌカギガル”
椎名誠のでっかい旅ノート21:
“火口から120mの地底旅行・スリーヌカギガル”
椎名誠のでっかい旅ノート20:
“幻想的な氷河湖・ヨークルサロン”
椎名誠のでっかい旅ノート20:
“幻想的な氷河湖・ヨークルサロン”
椎名誠のでっかい旅ノート19:
“氷河を望む南東部最大の港・ホプン”
椎名誠のでっかい旅ノート19:
“氷河を望む南東部最大の港・ホプン”
椎名誠のでっかい旅ノート18:
コラム“アイスランドのアウトドア・アクティビティ”
椎名誠のでっかい旅ノート18:
コラム“アイスランドのアウトドア・アクティビティ”
椎名誠のでっかい旅ノート17:
“黒い海岸、熔岩の結晶と、ローソク岩・ヴィーク”
椎名誠のでっかい旅ノート17:
“黒い海岸、熔岩の結晶と、ローソク岩・ヴィーク”
椎名誠のでっかい旅ノート16:
“いざアイスランド南海岸へ!・裏側に回れる滝”
椎名誠のでっかい旅ノート16:
 “いざアイスランド南海岸へ!・裏側に回れる滝”
椎名誠のでっかい旅ノート15:
“物語の舞台となった氷河・スナイフェルスヨークトル”
椎名誠のでっかい旅ノート15:
“物語の舞台となった氷河・スナイフェルスヨークトル”
椎名誠のでっかい旅ノート14:
“アイスランドを舞台とした作品・地底旅行”
椎名誠のでっかい旅ノート14:
“アイスランドを舞台とした作品・地底旅行”
椎名誠のでっかい旅ノート13:
“美しい港町・スティッキスホルムル”
椎名誠のでっかい旅ノート13:
 “美しい港町・スティッキスホルムル”
椎名誠のでっかい旅ノート12:
“ヨーロッパ最西端の断崖絶壁・ラウトラビャルグ”
椎名誠のでっかい旅ノート12:
 “ヨーロッパ最西端の断崖絶壁・ラウトラビャルグ”
椎名誠のでっかい旅ノート11;
“大フィヨルドに囲まれる町・イーサフィヨルズル”
椎名誠のでっかい旅ノート11;
“大フィヨルドに囲まれる町・イーサフィヨルズル”
椎名誠のでっかい旅ノート10:
コラム“アイスランドに持ってきてよかったグッズ5選” 
椎名誠のでっかい旅ノート10:
コラム“アイスランドに持ってきてよかったグッズ5選” 
椎名誠のでっかい旅ノート09:
“ホルマヴィーク・アイスランドの一軒家”
椎名誠のでっかい旅ノート09:
“ホルマヴィーク・アイスランドの一軒家”
椎名誠のでっかい旅ノート08:
“サメ漁師に出会う・ホルマヴィーク”
椎名誠のでっかい旅ノート08:
“サメ漁師に出会う・ホルマヴィーク”
椎名誠のでっかい旅ノート06:
コラム“意外と便利なカフェ事情・アイスランド”
椎名誠のでっかい旅ノート06:
コラム“意外と便利なカフェ事情・アイスランド”
椎名誠のでっかい旅ノート05:
“地球の裂け目と青い温泉・グリョウタギャウ”
椎名誠のでっかい旅ノート05:
“地球の裂け目と青い温泉・グリョウタギャウ”
椎名誠のでっかい旅ノート04:
“火山の国の地熱利用・クラプラエリア”
椎名誠のでっかい旅ノート04:
“火山の国の地熱利用・クラプラエリア”
椎名誠のでっかい旅ノート03:
“氷の湖と神々の滝・ミーヴァトン”
椎名誠のでっかい旅ノート03:
“氷の湖と神々の滝・ミーヴァトン”
椎名誠のでっかい旅ノート02:コラム
“アイスランドの首都・レイキャビク”
椎名誠のでっかい旅ノート02:コラム
“アイスランドの首都・レイキャビク”
椎名誠のでっかい旅ノート01:
“火と氷の国アイスランドへ”
椎名誠のでっかい旅ノート01:
“火と氷の国アイスランドへ”
椎名誠のでっかい旅ノート00:
“いざ出発!”
椎名誠のでっかい旅ノート00:
“いざ出発!”

この記事へのコメント
全てのコメント 0