• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

椎名誠のでっかい旅ノート04:
“火山の国の地熱利用・クラプラエリア”

椎名誠のでっかい旅ノート04:
“火山の国の地熱利用・クラプラエリア”

ミーヴァトン。

湖周辺は溶岩台地が拡がり、地熱や火山、雪山、牧場など変化に富んだエリアで、アイスランド北部地方の観光地となっています。

 

私達が訪れたのは、ミーヴァトン近郊のジオサーマルサイト(地熱地帯)。ここは、国内有数の地熱地帯で地中から火山由来の蒸気や泥が吹き出し、日本でいう地獄谷の様な風景をもつ観光地のひとつです。

珍しく粘土質な土が地面を覆い、辺りには硫黄の匂いが立ち込めるなど独特な雰囲気を醸し出しています。古くから地熱と共に歩んできたアイスランドの歴史をそのまま表現している場所です。雲を湛えた雪山を遠く望み、地球のエネルギーを感じる地熱地帯を後に私達は次のスポットを目指します。

 

そして私達は、最先端の地熱活用の場「クラプラ地熱発電所」へと歩みを進めました。

1975年から稼働を開始したクラプラ地熱発電所は、アイスランド国内で最も古い地熱発電所です。アイスランドでは電力発電の99%を水力と地熱で賄っており、中でも地熱発電は全体の15%を占めています。

 

地中から引き上げられた熱泉は、蒸気と温水に分けられそれぞれ発電タービンの動力、各家庭の温水・セントラルヒーティングへと回されます。

 

アイスランド国内では、家庭やホテルなど多くの施設で温泉が引かれ、お風呂・洗面所では温泉をお湯として使用されています。

 


体育館ほどの大きなスペースに収められた巨大なタービンは2機。日本製のタービンが使用されています。轟音を轟かせながら高速に回る発電機で作られた電力は、ここから周辺の街へと送電されているそうです。

サウナや温浴として古くから使われてきたアイスランドの地熱。今では、アイスランド全体を支えるエネルギーとなっています。

 

近くには「ミーヴァトン・ネイチャーバス」と呼ばれる大規模な温泉があります。温水に溶け出した火山性の粒子の反射により独特なブルーが特徴です。

長い間アイスランド人に親しまれ、身近な存在として活用されてきた地熱と温泉。地球を裂いてしまう程の力を有効活用する人々に触れることができました。

次回は、地球の力を間近に感じることのできる場所へと足を伸ばしてみます。

 

番組情報:

 オフィシャルWeb:http://www.fujitv.co.jp/shiina/

indexへ戻る

椎名誠のでっかい旅ノート23:
“今夜いよいよ放送 椎名誠のでっかい旅 ファイナル”
椎名誠のでっかい旅ノート23:
“今夜いよいよ放送 椎名誠のでっかい旅 ファイナル”
椎名誠のでっかい旅ノート22:
コラム“アイスランド観光ルート・ゴールデン・サークル”
椎名誠のでっかい旅ノート22:
コラム“アイスランド観光ルート・ゴールデン・サークル”
椎名誠のでっかい旅ノート21:
“火口から120mの地底旅行・スリーヌカギガル”
椎名誠のでっかい旅ノート21:
“火口から120mの地底旅行・スリーヌカギガル”
椎名誠のでっかい旅ノート20:
“幻想的な氷河湖・ヨークルサロン”
椎名誠のでっかい旅ノート20:
“幻想的な氷河湖・ヨークルサロン”
椎名誠のでっかい旅ノート19:
“氷河を望む南東部最大の港・ホプン”
椎名誠のでっかい旅ノート19:
“氷河を望む南東部最大の港・ホプン”
椎名誠のでっかい旅ノート18:
コラム“アイスランドのアウトドア・アクティビティ”
椎名誠のでっかい旅ノート18:
コラム“アイスランドのアウトドア・アクティビティ”
椎名誠のでっかい旅ノート17:
“黒い海岸、熔岩の結晶と、ローソク岩・ヴィーク”
椎名誠のでっかい旅ノート17:
“黒い海岸、熔岩の結晶と、ローソク岩・ヴィーク”
椎名誠のでっかい旅ノート16:
“いざアイスランド南海岸へ!・裏側に回れる滝”
椎名誠のでっかい旅ノート16:
 “いざアイスランド南海岸へ!・裏側に回れる滝”
椎名誠のでっかい旅ノート15:
“物語の舞台となった氷河・スナイフェルスヨークトル”
椎名誠のでっかい旅ノート15:
“物語の舞台となった氷河・スナイフェルスヨークトル”
椎名誠のでっかい旅ノート14:
“アイスランドを舞台とした作品・地底旅行”
椎名誠のでっかい旅ノート14:
“アイスランドを舞台とした作品・地底旅行”
椎名誠のでっかい旅ノート13:
“美しい港町・スティッキスホルムル”
椎名誠のでっかい旅ノート13:
 “美しい港町・スティッキスホルムル”
椎名誠のでっかい旅ノート12:
“ヨーロッパ最西端の断崖絶壁・ラウトラビャルグ”
椎名誠のでっかい旅ノート12:
 “ヨーロッパ最西端の断崖絶壁・ラウトラビャルグ”
椎名誠のでっかい旅ノート11;
“大フィヨルドに囲まれる町・イーサフィヨルズル”
椎名誠のでっかい旅ノート11;
“大フィヨルドに囲まれる町・イーサフィヨルズル”
椎名誠のでっかい旅ノート10:
コラム“アイスランドに持ってきてよかったグッズ5選” 
椎名誠のでっかい旅ノート10:
コラム“アイスランドに持ってきてよかったグッズ5選” 
椎名誠のでっかい旅ノート09:
“ホルマヴィーク・アイスランドの一軒家”
椎名誠のでっかい旅ノート09:
“ホルマヴィーク・アイスランドの一軒家”
椎名誠のでっかい旅ノート08:
“サメ漁師に出会う・ホルマヴィーク”
椎名誠のでっかい旅ノート08:
“サメ漁師に出会う・ホルマヴィーク”
椎名誠のでっかい旅ノート07:
“土の家と大フィヨルドへ”
椎名誠のでっかい旅ノート07:
“土の家と大フィヨルドへ”
椎名誠のでっかい旅ノート06:
コラム“意外と便利なカフェ事情・アイスランド”
椎名誠のでっかい旅ノート06:
コラム“意外と便利なカフェ事情・アイスランド”
椎名誠のでっかい旅ノート05:
“地球の裂け目と青い温泉・グリョウタギャウ”
椎名誠のでっかい旅ノート05:
“地球の裂け目と青い温泉・グリョウタギャウ”
椎名誠のでっかい旅ノート03:
“氷の湖と神々の滝・ミーヴァトン”
椎名誠のでっかい旅ノート03:
“氷の湖と神々の滝・ミーヴァトン”
椎名誠のでっかい旅ノート02:コラム
“アイスランドの首都・レイキャビク”
椎名誠のでっかい旅ノート02:コラム
“アイスランドの首都・レイキャビク”
椎名誠のでっかい旅ノート01:
“火と氷の国アイスランドへ”
椎名誠のでっかい旅ノート01:
“火と氷の国アイスランドへ”
椎名誠のでっかい旅ノート00:
“いざ出発!”
椎名誠のでっかい旅ノート00:
“いざ出発!”

この記事へのコメント
全てのコメント 0