• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

椎名誠のでっかい旅ノート03:
“氷の湖と神々の滝・ミーヴァトン”

椎名誠のでっかい旅ノート03:
“氷の湖と神々の滝・ミーヴァトン”

鉄道のないアイスランドでは、陸路は車移動が基本。今回の旅も長距離移動が続きました。レイキャビクからスタートし、アークレイリを経由し、ミーヴァトンまでの全478kmの走行は約7時間の長旅です。

 

アイスランドで最大の都市レイキャビクを抜けると、どこまでも平らな溶岩原が広がります。氷河に削られた地形は平原から突然山がそびえ立つ絵画のような独特の世界。山々は皆揃えたように同じ高さに隆起しているところもとてもアイスランドらしい風景です。

 

アークレイリまでの478km信号は全くなく、大平原をひたすら真っすぐ、時にフィヨルドに合わせて蛇行しながら国道1号線が続きます。アークレイリを抜け、山岳地帯に差し掛かるとそこは一面の雪景色。これまでのゴツゴツとした溶岩原を真っ白な雪が覆い、明るい白銀の世界が広がります。

 

うっすらと雪解け水の張る湖には雪山が映り、上下対象の青い世界が広がっていました。赤茶けた溶岩原には背の低い草が茂り、放牧された馬や羊達が草をはむ様子も見られ、ゆったりとした大地の時間を感じられる風景が続きます。

 

雪の山岳地帯を抜けて、辿り着いたのは”ゴーザフォスの滝”。アイスランド語で「神様の滝」を意味するこの滝は、地形の裂け目を12m垂直に滑り落ちます。また、雨季の水の多い頃には滝の落差がなくなるほどの水量が流れるそう。つくづく想像を超える自然の力を感じさせられます。

 

500km弱の走行行程、都市部〜溶岩原〜大雪原と雪山とアイスランドは私たちに多様な表情を魅せつけてくれます。撮影隊は更に足を東へ伸ばし、氷の湖ミーヴァトンへ。湖面には氷が拡がる中、多くの渡り鳥たちが夏季の繁殖期に向けて飛来しています。

 

ミーヴァトンの周辺には溶岩流が湖水に流れ込み、地面を吹き飛ばすほどの水蒸気爆発によって形成された「プセウドクレーター」と呼ばれる小型のクレーターが点在しています。

 

少しだけ「生の地球」へと近づいたようなミーヴァトンの光景でした。

次回は、アイスランドの地熱地帯の取材ノートです。

 

番組情報:

 オフィシャルWeb:http://www.fujitv.co.jp/shiina/

indexへ戻る

椎名誠のでっかい旅ノート23:
“今夜いよいよ放送 椎名誠のでっかい旅 ファイナル”
椎名誠のでっかい旅ノート23:
“今夜いよいよ放送 椎名誠のでっかい旅 ファイナル”
椎名誠のでっかい旅ノート22:
コラム“アイスランド観光ルート・ゴールデン・サークル”
椎名誠のでっかい旅ノート22:
コラム“アイスランド観光ルート・ゴールデン・サークル”
椎名誠のでっかい旅ノート21:
“火口から120mの地底旅行・スリーヌカギガル”
椎名誠のでっかい旅ノート21:
“火口から120mの地底旅行・スリーヌカギガル”
椎名誠のでっかい旅ノート20:
“幻想的な氷河湖・ヨークルサロン”
椎名誠のでっかい旅ノート20:
“幻想的な氷河湖・ヨークルサロン”
椎名誠のでっかい旅ノート19:
“氷河を望む南東部最大の港・ホプン”
椎名誠のでっかい旅ノート19:
“氷河を望む南東部最大の港・ホプン”
椎名誠のでっかい旅ノート18:
コラム“アイスランドのアウトドア・アクティビティ”
椎名誠のでっかい旅ノート18:
コラム“アイスランドのアウトドア・アクティビティ”
椎名誠のでっかい旅ノート17:
“黒い海岸、熔岩の結晶と、ローソク岩・ヴィーク”
椎名誠のでっかい旅ノート17:
“黒い海岸、熔岩の結晶と、ローソク岩・ヴィーク”
椎名誠のでっかい旅ノート16:
“いざアイスランド南海岸へ!・裏側に回れる滝”
椎名誠のでっかい旅ノート16:
 “いざアイスランド南海岸へ!・裏側に回れる滝”
椎名誠のでっかい旅ノート15:
“物語の舞台となった氷河・スナイフェルスヨークトル”
椎名誠のでっかい旅ノート15:
“物語の舞台となった氷河・スナイフェルスヨークトル”
椎名誠のでっかい旅ノート14:
“アイスランドを舞台とした作品・地底旅行”
椎名誠のでっかい旅ノート14:
“アイスランドを舞台とした作品・地底旅行”
椎名誠のでっかい旅ノート13:
“美しい港町・スティッキスホルムル”
椎名誠のでっかい旅ノート13:
 “美しい港町・スティッキスホルムル”
椎名誠のでっかい旅ノート12:
“ヨーロッパ最西端の断崖絶壁・ラウトラビャルグ”
椎名誠のでっかい旅ノート12:
 “ヨーロッパ最西端の断崖絶壁・ラウトラビャルグ”
椎名誠のでっかい旅ノート11;
“大フィヨルドに囲まれる町・イーサフィヨルズル”
椎名誠のでっかい旅ノート11;
“大フィヨルドに囲まれる町・イーサフィヨルズル”
椎名誠のでっかい旅ノート10:
コラム“アイスランドに持ってきてよかったグッズ5選” 
椎名誠のでっかい旅ノート10:
コラム“アイスランドに持ってきてよかったグッズ5選” 
椎名誠のでっかい旅ノート09:
“ホルマヴィーク・アイスランドの一軒家”
椎名誠のでっかい旅ノート09:
“ホルマヴィーク・アイスランドの一軒家”
椎名誠のでっかい旅ノート08:
“サメ漁師に出会う・ホルマヴィーク”
椎名誠のでっかい旅ノート08:
“サメ漁師に出会う・ホルマヴィーク”
椎名誠のでっかい旅ノート07:
“土の家と大フィヨルドへ”
椎名誠のでっかい旅ノート07:
“土の家と大フィヨルドへ”
椎名誠のでっかい旅ノート06:
コラム“意外と便利なカフェ事情・アイスランド”
椎名誠のでっかい旅ノート06:
コラム“意外と便利なカフェ事情・アイスランド”
椎名誠のでっかい旅ノート05:
“地球の裂け目と青い温泉・グリョウタギャウ”
椎名誠のでっかい旅ノート05:
“地球の裂け目と青い温泉・グリョウタギャウ”
椎名誠のでっかい旅ノート04:
“火山の国の地熱利用・クラプラエリア”
椎名誠のでっかい旅ノート04:
“火山の国の地熱利用・クラプラエリア”
椎名誠のでっかい旅ノート02:コラム
“アイスランドの首都・レイキャビク”
椎名誠のでっかい旅ノート02:コラム
“アイスランドの首都・レイキャビク”
椎名誠のでっかい旅ノート01:
“火と氷の国アイスランドへ”
椎名誠のでっかい旅ノート01:
“火と氷の国アイスランドへ”
椎名誠のでっかい旅ノート00:
“いざ出発!”
椎名誠のでっかい旅ノート00:
“いざ出発!”

この記事へのコメント
全てのコメント 0