• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

自転車ルーム拝見! アクティブ女子の自転車生活

自転車ルーム拝見! アクティブ女子の自転車生活

お部屋拝見の第一弾は、東京に住む20代女子・永瀬直子さん。

1Kの一見ふつうのナチュラルテイストのお部屋の中で、3台の自転車たちと上手に同居しています。

 

自転車はシングルスギヤがメイン。

現在はバイクポロという自転車競技に夢中で、輪行もお手のものというアクティブ女子です。

 

 

ふだんは玄関先が3台の自転車たちの定位置だそう。

もらってきた段ボールを上手に利用して、外の汚れをなるべく部屋に持ち込まないように工夫しているそうです。

 

シングル&バイクポロ用の短いハンドルというのもあり、かなりスマートに収まっていますね。

自転車での外出に必要な鍵や輪行袋なども、出かけるときに分かりやすいよう玄関周りに置いてありました。

 

 

壁には自転車イベントやショップでもらったという手ぬぐいが、一面にディスプレイされています。

「使うのがもったいないので、こうして大事に飾っています!」と永瀬さん。

カラフルなものからシブいものまでいろんな種類があって、見ているだけで楽しめますね。

 

 

自転車乗りには、増え続ける自転車関連の品々の収納場所も悩みのひとつ。

永瀬さんはベッドの下を有効活用して、収納スペースに!

オシャレにワインの木箱にまとめていて、女子力の高さがうかがえます。

 

次に使う予定のサドルやカラーパーツなどがたくさん入っていました。

くつろぐときには部屋に自転車を入れ、パーツのカタログを見たりしてカスタムを考えるのも楽しいそうです。

 

 

メッセンジャーのお友達がたくさん写っている写真集は、棚の上にさりげなく。

アクセサリーやお花などのガーリなアイテムの中、バランス良く自転車関係の品々が置かれています。

自転車に興味のないお友達が遊びにきても、そんなに違和感の無いお部屋にしてあるそうです。


 

参加した自転車イベントのゼッケンなどの紙物は、クリップで吊るして壁の高いところに。

上手に飾ると部屋のインテリアに活用できるという好例です。

 

「自転車に乗り始めてからは、楽しい想い出がたくさん」という永瀬さん。

「もう自転車の無い生活は想像出来ない!」とますますハマっていく様子です。

 

 

ツール・ド・フランスを見に行きたい!

と、フランス語を勉強中だった永瀬さんは、先日ついにフランスに一年間の留学に旅立ちました。

自転車文化の中心のヨーロッパで、さらに自転車愛に磨きがかかることは間違いないでしょう。


URABUS編集部 かに

2014.05.05
TOP|自転車|会いたい人
自転車
会いたい人

この記事へのコメント
全てのコメント 0

SUBARUで愉しむお客様の趣味や好奇心を応援する情報をご紹介