• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

[山かるた vol.03] 明日が楽しみで眠れない夜は

[山かるた vol.03] 明日が楽しみで眠れない夜は

URABUSサポーターのリエです。

今回は、「山かるた」の3札目「う」です。

 

「 うきうきで ぜんじつのよる ねむれない 」

 

幼い頃、遠足や運動会の前夜にうきうきしてなかなか寝つけなかった……そんな経験はありませんか?

これは登山の前日などにもよくある話です。

 

登山というものはたいてい、朝の出発はとても早いですよね。

でも「荷造りも夜のうちに済ませておかなくちゃ!」と焦ってつい夜更かしをしてしまったり。

さらに慣れない場所へ行く緊張感も相まって、前夜は落ち着かないことも多いのです。

しかし、睡眠不足のまま登山をするのは大変危険です。

 

仕事があり、なかなか休みが取れない。そうなるとやってしまいがちなのが、いわゆる弾丸登山。

仕事が終わって帰宅し、夜になって慌てて荷造りを済ませ、ろくに睡眠を取れないまま早朝から運転し、登山開始……。

じつをいうと、私も登山をはじめたばかりのころはそのようなことが多くありました。

 

睡眠不足は不注意をまねき、ケガをしやすくなったり、疲労しやすくなったりします。

標高の高い山では高山病にかかりやすいといったリスクが伴い、とても危険なことになりかねません。

これでは楽しいはずの登山も台無しですよね。

 

そのため、登山計画を立てる際には、登山の“前後”も計画に含めることが安全への第一歩!

 

前日の夜のチェックポイント

1.荷造りは前々日までに、ある程度は済ませておく(あれが足りない、これが足りないなどの忘れ物防止にもつながります)

2.ぐっすり眠れる時間を充分に確保する

3.登山中の行動時間だけではなく、行きと帰りの移動時間も視野に入れておく(車を運転する場合は交通渋滞も)

余裕をもった計画・行動は、登山をより楽しい思い出にしてくれます。

 

さて、ここまではちょいと堅苦しいお話になってしまいました。

「興奮してしまってなかなか寝つけない」「寝たいのに眠れない」ときには、ストレッチやアロマテラピーの活用がおすすめです!

そこで私が実践している、たった10秒で簡単にリラックスできる方法をご紹介します。

 

 

<ストレッチ編>

まずはベッドの中で、両手両足を伸ばし、思い切り力を入れながら10秒間ほどグーンと伸びをする。そして一気に力を抜く。

これだけでOK。これは以前ヨガの先生に教わった方法なのですが、身体がもっともリラックスした状態は、この伸びをしたあとなのだそう。

 

<アロマテラピー編>

ラベンダー精油をティッシュに1滴たらす。それを枕元に置いて寝る。

これだけです。ラベンダーの香りには鎮静・リラックス効果があり、安眠の香りとも呼ばれています。

ラベンダーをはじめとするアロマテラピーの精油は、専門店のほか、最近では「無印良品」などの店頭でも販売されています。

手軽に購入することができるので、こちらもぜひお試しくださいね。

 

登山は楽しく、気持ちがよいものです。

こころも身体も余裕のある計画を立て、存分に楽しみましょう♪

 

 

【DATA】

ライター 山畑 理絵

アウトドア雑誌でライターをする傍ら、テント泊や地図読み講習会を主催するアドベンチャーディバズでマーケティングを担当。自宅で畑を耕し、収穫ほやほやの野菜をつまみに焚火をすることもしばしば。アロマテラピーとメディカルハーブなどの自然療法を勉強中で、自身のアウトドアライフに取り入れて楽しむのが最近のハマリごと。

 

イラストレーター  神田めぐみ

山岳雑誌を中心に活動中の山好きイラストレーター。エイ出版社発刊の『PEAKS』にて連載中の「シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記」でイラストを担当。今年の冬は、雪山デビューを果たして大満足!

 

URABUS サポーター リエ

2014.04.25
TOP|山遊び|初めての体験|山カルタ
山遊び
初めての体験

この記事へのコメント
全てのコメント 0

SUBARUで愉しむお客様の趣味や好奇心を応援する情報をご紹介