• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

編集部男子が行く修善寺オートキャンプ&サイクリングの旅

編集部男子が行く修善寺オートキャンプ&サイクリングの旅

 

まだ朝晩は少し肌寒さの残る3月、とはいえ陽射しは春。

URABUS自転車編集部の男子3人、いても立ってもいられません。

ちょっと気が早いけど、オートキャンプでサイクリング行っちゃいますか!


ということで訪ねたのは伊豆の国市、修善寺にあるモビリティーパークという老舗のオートキャンプ場。

この時期にオープンできるのは、温暖な伊豆ならではです。


夏場は人気で予約が難しいほどだけれど、まだ夜が寒く感じられる3月末は、さすがにお客さんも少ない。

編集部トモヒロ&西山は、レガシィ・アウトバックに乗って到着!

 

 

ほどなくしてリアルガチなレーサーである山口登場!

川崎から自走して130km、彼ぐらいになると、こんな距離は練習に毛が生えたぐらい。

ちなみに、もう1人の食事当番だった鈴木はインフルエンザで欠席。

 


ステーションワゴンであっても、オートキャンプともなればカーゴ内は荷物でいっぱい。

ということで、ルーフキャリアに自転車を載せてモビリティパークに到着!

 


暗くなる前に、明日乗る自転車のバーテープを巻かないと……。

明日が初乗りのマシンなのであります。

 


日も暮れてきて、そろそろ一杯やりますかという雰囲気に。

男子キャンプは夕方からがまた楽しいひとときです。

 


そして朝!

キャンプの撤収も終えたところで、オートキャンパーは、サイクリストに変身!

隣にある、サイクルスポーツセンターに向かいます。

 

 

最高の天気、田舎道の沿道には菜の花も咲き、本格的な春の訪れを感じさせます。

気持ちよいので、周辺をサイクリング。

 

 

そしてサイクルスポーツセンター、ロード5kmサーキットを疾走。

ツアー・オブ・ジャパン「修善寺ステージ」の舞台ともなっている、

雄大なコースです(けっこう起伏もある)

レンタサイクルもあるので、気軽にチャレンジできます。

ただし、ハードなコースなのであしからず。

 

 

2人は、自転車のまま峠を下って韮山方面へ。

目指すは韮崎のとれたてイチゴ!

 


韮山はイチゴの有名な産地。

3月はイチゴ狩りシーズンまっさかり。

男子3人、イチゴを食いまくりました。

 


帰路は、伊豆スカイラインを快適ドライブ。

レガシィ・アウトバックには、追従式クルーズコントロールが付いているので帰りの高速道路もラクラク。

オートキャンプ&サイクリング、今度は、もっと遠いところでやってみよう!


【モビリティーパーク】
静岡県伊豆の国市長者原1445-481
Tel.0558-79-0213
http://www.mobilitypark.jp/


【サイクルスポーツセンター】
静岡県伊豆市大野1826
Tel.0558-79-0001
http://www.csc.or.jp/index.html

 

URABUS 編集部 西山

 

2014.03.27
TOP|自転車|一緒に旅に出る仲間
自転車
一緒に旅に出る仲間

この記事へのコメント
全てのコメント 0

SUBARUで愉しむお客様の趣味や好奇心を応援する情報をご紹介