• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

自転車の祭典「SAITAMA CYCLE EXPO 2014」に行ってきた!

自転車の祭典「SAITAMA CYCLE EXPO 2014」に行ってきた!

「日本でいちばん自転車でくらしやすい社会」を目指す。

 

埼玉県が自転車社会のリーディング自治体だって知ってました?

インフラ整備はもちろん、自転車に関するあらゆる熱き想いをカタチにした、

注目のサイクリングショーが「SAITAMA CYCLE EXPO」なんです。

 

 

例年にない大雪が影響して、初日は13時からの開催だったそうですが、

トモヒロが行った2日目は大盛り上がり!遅延電車を乗り継いできた甲斐あった~!

 

会場となったさいたまスーパーアリーナには大勢のギャラリーが。

各ブースは試乗を希望する人やセール品に食らいつく人でいっぱいでした。

 

地元埼玉県に関係する企業が多いように感じましたが、大手ブランドも多数出展。

また自転車アイテムを販売していたりと、見どころ満載です。

 

 

もちろん生・MAVICカーも見てきましたよ~!おなじみの黄色をまとったスバル「LEVORG」(写真右)。

ぼくもこんなステキなサポートカーと走ってみたい……。かっこいいなぁ~!

 

 

 

また、会場にはスバルと自転車ウェアブランド・パールイズミのコラボジャージも展示してありました。

UVカット&優れた吸汗速乾生地「ルミエース® UV」を採用し、適度な前傾姿勢にフィットするよう作られています。

背面には3つのバックポケット、もちろん防菌防臭加工もしてあるのでとても着心地がよいんですよ。

鮮やかなプリントは自社開発の国産オリジナルインクを使用しているそうです。さすがジャパニーズブランドですね。

また、会場には展示されていませんでしたが、下のデザインもあります。

 

 

1958年に発表された、「スバル 360」にちなんだクラシックテイストのジャージ。かわいいですよね~。

自転車好きにはたまらない水玉模様(ツール・ド・フランスの山岳賞ジャージ)をまとっていますが、

これはスバル 360を開発する過程で、赤城山や箱根の峠を走破したというエピソードにかけているそう。

背中にはその見た目から愛称となった“てんとう虫”が隠れています。ゼッケンナンバーは発表された58年ですね。

どちらのジャージも数量限定(税抜9,800円)なので、欲しい人は要チェックですよ~!

パールイズミHP: http://www.pearlizumi.co.jp

 

 

試乗コースは、スポーツバイク選びに悩むリアルユーザーから、電動自転車や子乗せ自転車を乗り比べるパパママも多くいました。

子どもも元気に楽しんでいましたね~。屋内の試乗コースも十分な広さで、しっかり走ることができました。

 

 

 

大手ブランドだけでなく、地元ゆかりのショップも出展していました。

トラディショナルなスチールバイクはもちろん、最新のカーボンバイクや造形的なショーモデルまで、

幅広いジャンルの自転車を一堂に拝見できるのもサイクリングショーの楽しみです。

 

 

さまざまな自転車が集まり、見て、触って、体感できるサイクリングショー。

総入場者数は2日間で約22,000人にも上ったそうです。

自転車好きはもちろん、そうでない人も楽しめると思います!

 

【SAITAMA CYCLE EXPO 2014】

http://cycle-expo.jp/

 

URABUS編集部 トモヒロ

2014.02.24
TOP|自転車|URABUS NEWS
自転車
URABUS NEWS

この記事へのコメント
全てのコメント 0

SUBARUで愉しむお客様の趣味や好奇心を応援する情報をご紹介