• 山遊び
  • 水遊び
  • 自転車
  • クルマ
  • 美味しいもの
  • きれいな風景
  • 初めての体験
  • 会いたい人
  • 一緒に旅に出る仲間
LOGIN

脂肪が燃える!? 脚が細くなる!? あなたの自転車ダイエット、はたして脂肪を効率的に燃やしているか徹底検証

脂肪が燃える!? 脚が細くなる!? あなたの自転車ダイエット、はたして脂肪を効率的に燃やしているか徹底検証

ホントに効果が出る自転車ダイエット法を、知っていますか? 効率的に自転車で痩せるためには、いくつかのポイントがあります。それをおさらいしてみましょう!

1.ママチャリよりスポーツ自転車のほうが脂肪は圧倒的に燃えやすい!?


ママチャリを一生懸命こいでも、あまり脚はスマートになりません。なぜなら、ママチャリをこぐときには、主に太ももの前面の筋肉しか使っていないからです。これに対してサドルを高めにセッティングするロードバイクやクロスバイクでは、脚全体の筋肉を均等に使うことで、下半身全体の脂肪を燃焼させることができるのです。また、上体が直立状態のママチャリに対して、前傾姿勢をとるスポーツ自転車では、腹筋と背筋だけでなく、体幹さえも鍛えることができるわけです。スポーツ自転車はまさに、カラダ全体を使って走るため、効率よく、バランスよく、脂肪を燃やすことができるのです。

2.ギアの設定を間違えると筋肉モリモリに!?


ダイエットを目的にスポーツバイクに乗るのであれば、ひとつコツがあります。それは、変速機を重いギアに設定して、ペダルをグイグイ踏み込むよりも、軽いギアを選択して、ペダルをたくさんクルクル回したほうがよい、ということ。負荷を減らしてたくさん脚を回転させたほうが、効率的に脂肪を燃やすことができるのです。たとえれば、重いギアでトルク型の走り方をするのは、筋肉質な短距離走のスプリンター。軽いギヤで小刻みに進むのが、細身なマラソン選手。脚を細くするために自転車に乗ったら、筋肉モリモリになってしまった! ってことがないように注意してくださいネ。

3.ランニングのような衝撃がなく水泳より続けやすい?


もちろん、自転車と同じようなダイエット効果を発揮するスポーツはほかにもあります。たとえばランニング。でもランニングでは、走るたびに脚に衝撃が加わっていて、とくに走りはじめの場合には関節などを痛めがちですよね。また、水泳もダイエットには有効な運動ですが、プールに通い続けるって、けっこうハードルが高いんですよね。その点、カラダに衝撃が加わりにくく、自宅から気軽にスタートできて、通勤などに使えば毎日無理なく継続できる自転車は、最強のダイエットツールといえるのです。

検証4.乗りはじめて20分経過すると体脂肪がどんどん燃える!!?

カラダの脂肪を燃やすためには、運動を20分以上、持続することが重要です。自転車に乗ってから20分までは血中の糖が多く燃え、それが少なくなってくると、カラダは燃やす対象を徐々に体脂肪に切り替えていくのです。その目安が約20分。ダイエット目的で自転車に乗るなら、ぜひ20分以上ライディングしてください。もしあなたの自転車通勤が、片道20分以上ならば、ダイエット効果はとても高くなるはずです。

 

検証5.脂肪が燃やすには心拍数がカギになる!?
 

自転車に乗りはじめて20分たつと脂肪が燃えやすくなると同時に、運動の強度によって脂肪の燃え方は変わります。その目安となるのが、心拍数です。心拍数が120を越えると脂肪は燃えやすくなり、140前後のトレーンイングでは、その効果はさらに高まります。心拍数120から140程度の運動を、30分くらい続けることで、もっとも効果的に脂肪を燃やすことができるのです。自転車関連のアイテムには、ハートレートモニターというものがあり、自転車をこいでいるときの心拍数を、リアルタイムで計測することができます。こうしたアイテムを使えば、最低限の運動量を確保し、また逆に、カラダに負荷を掛けすぎないようにもできるわけです。

-----

いかがでしょうか。ダイエット効果を目指して自転車に乗っている人も多いはず。

これを機に、乗り方にも少し工夫をしてみてくださいね。

 

URABUS編集部 鈴木

2015.02.25
TOP|自転車|サイクリング
自転車

この記事へのコメント
全てのコメント 0